ライター:ちひろ

【ダイエットの新常識】冷えた炭水化物は太らない!

前回のコラム「いま流行りの炭水化物ダイエットはキケンですよ!」で解説した通り、ダイエットを成功させたいなら、炭水化物をちゃんと食べたほうが良いです。と言っても、まだ炭水化物を食べることが怖いというあなたに、新しい常識をお伝えします。ズバリ、冷えた炭水化物は太らない! です。この事実を知ったら、後ろめたさを感じることなく、ご飯を食べることができますね♪

シェアする
1

冷たいご飯は消化・吸収されにくい

なぜ、炭水化物を冷やすだけで、ダイエットに効果的なのでしょうか。
そのメカニズムを紹介します。

温かいご飯は、冷めていく過程で「レジスタントスターチ」と呼ばれる成分を作り出します。

このレジスタントスターチの別名は「難消化性デンプン」。
消化されにくいデンプンですね。
糖質や脂質を、小腸で消化・吸収されにくくしてくれる作用があると言われています。

そのため、温かいご飯よりも、摂取カロリーを抑えられるという訳です。

また、レジスタントスターチは食物繊維と同じような働きが期待できるとのこと。
つまり、腸内環境を改善したり、便秘を解消してくれるってことですね♪

さらには、血糖値の上昇やインスリンの分泌を抑えられるほか、肝臓の脂肪の代謝力を高めて、コレステロールや中性脂肪の合成を防ぐ働き、そしてダイエット中に不足しがちなミネラルを吸収しやすくする効果もあると言われているんです。

炭水化物を冷たくするだけで、こんなに良いことづくめなんですね!


とっても重要なので、おさらいしておきましょう。

<炭水化物を冷やすことのメリット>
① 糖質や脂質を小腸で消化・吸収されにくくしてくれる
② 食物繊維と同じ働きを期待できる
③ 血糖値の上昇やインスリンの分泌を抑えられる
④ 肝臓の脂肪の代謝力を高めてコレステロールや中性脂肪の合成を防ぐ
⑤ ミネラルを吸収しやすくする効果もある

2

ご飯は常温で冷ましましょう

ご飯を冷ますときの注意点が1つあります。

× 温かいご飯をすぐに冷凍庫に入れて、急激に冷ましてはいけません!
◯ 温かいご飯を常温で徐々に冷ましていってください。

温かいご飯を徐々に冷ましていく過程で、レジスタントスターチが作られるのです。
急激に冷ますと、レジスタントスターチが作られにくくなるので、ダイエット効果が半減してしまいます。

ご飯は冷えると少し固くなるので、自然と噛む回数も多くなります。
噛む回数が多くなると、満腹中枢を刺激して、少量でもお腹いっぱいに感じやすくなるので、その点でもダイエットがうまくいきやすいですね。

冷たいご飯と言ったら、おにぎりを作るのがおすすめですね。
好きな具材を入れて、少しだけ塩やゴマをまぶせば、冷たくても美味しく食べられますよ☆

3

ご飯だけじゃない! じゃがいもや小豆もOK

徐々に冷ましていくことで、レジスタントスターチを作り出す炭水化物は ご飯だけではありません。

レジスタントスターチを多く作り出す炭水化物を紹介しましょう。

じゃがいも
加熱したじゃがいものレジスタントスターチは、温かいご飯の1.5倍もあります。
さらに、それを冷やせば、ご飯の2倍の量にまで膨れ上がります!
<おすすめメニュー>
ポテトサラダ、ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)

小豆
あんこの原料のあずきは、レジスタントスターチ含有量NO.1とも言えるほどの多さです!
お米と比べて、なんと20倍近くも高いんです。
甘いものを食べたくなったら、小豆ですね♪
ただし、砂糖もたくさん使っていますから、食べ過ぎ注意ですよ!
<おすすめメニュー>
水ようかん、おまんじゅう

パスタ
原料のディラム小麦も、冷ますことでレジスタントスターチが作り出されます。
パスタを食べるときは、冷製パスタを選びましょう!
<おすすめメニュー>
トマトの冷製パスタ、明太子の冷製パスタ

タイ米
お米は、種類によってレジスタントスターチの含有量が異なります。
日本米よりもタイ米のほうが多いとのこと。
モチモチしたお米よりも、パサパサしたお米のほうがレジスタントスターチが多くなるんです☆
<おすすめメニュー>
タイのグリーンカレー、鶏肉のガパオ炒めご飯

でも、「やっぱり日本米がいい!」という方には、「レジスタントスターチ米」というお米もありますよ♪
市川農場のレジスタントスターチ米は、最高で100g中2300mgのレジスタントスターチを検出しています。

レジスタントスターチ米
楽天市場で購入できます 詳しくはこちらから

あとがき

いかがでしたか?
冷えた炭水化物が、ダイエットに効果的だなんて、いままでは思いもよらなかったですよね。

ご飯もパスタもじゃがいもも、常温で冷ましてから、美味しくいただきましょう☆

ダイエットに効果的と理解できたなら、炭水化物でもストレスなく食べることができますよね。

ストレスが溜まらなければ、無理なくダイエットを続けられますから、成功する確率も高くなります。

でも、念のためにもう一度言っておきますが、食べ過ぎには注意してくださいね。
冷えた炭水化物がダイエットに効果的だからと言って、いくら食べてもOKではありません。
当たり前のことですけど、冷えた炭水化物でも食べ過ぎれば、太りますからね。

それを分かった上で、遠慮なく炭水化物を食べて、きれいに痩せましょう〜☆

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 炭水化物
  3. レジスタントスターチ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR