ライター:ちひろ

肌を傷つけない正しいムダ毛の剃り方

カミソリを使ってムダ毛を剃ることは、あなたの想像以上に肌を傷つけています。きれいな肌を守るために、肌を傷つけにくい正しいムダ毛の剃り方を紹介しますので、ぜひマスターしてくださいね。

シェアする

カミソリでムダ毛を剃ると、肌の角質まではがしてしまうので、肌への負担が非常に大きいです。
カミソリ負けによる出血だけでなく、肌荒れや肌の黒ずみ、色素沈着の原因にもなります。

毛を剃って、ツルツルの肌にしても、肌が汚くなってしまっては元も子もないですからね。

そのため、頻繁にカミソリを使うことはあまりおススメできないのですが、夏の暑い時期は薄着になりますから、どうしてもムダ毛を剃らないと生活できないという女性も多いと思います。

そこで、正しいムダ毛の剃り方を紹介しますので、実践してみてください。
なるべく肌を傷つけないように、肌をいたわりながら、ムダ毛を剃りましょう。

1

身体を洗ってお風呂に入る

まずは身体を洗って、肌を清潔にしましょう。
肌が汚れている状態で毛を剃ると、雑菌などが毛穴に入りやすくなって、肌荒れの原因になってしまいます。

身体をきれいにしたら、湯船につかって、肌を温めます。
温めて、水分を与えることで、肌と毛は柔らかくなって、毛が剃りやすくなります。
カミソリを優しく当てるだけで剃れるようになるので、肌を傷つけにくくなるのです。

2

シェービングクリームを塗る

浴槽から上がって、女性用のシェービングクリーム、ボディークリーム、ワセリンなどをムダ毛を処理する部分にまんべんなくつけてください。

肌に油分を与えることで、潤滑油のような役割を果たしてくれるので、カミソリの刃から肌を守ることができます。

<これはNG!>

シェービングクリームがないからといって、石けんやボディーソープを塗ってムダ毛を剃る人がいますが、絶対にやめてください!
とくにボディーソープは界面活性剤を含んでいるものが多いのです。
界面活性剤によって、肌がふやけて、弱ってしまうため、その状態でカミソリを使うと、肌を傷つけてしまいます。

3

毛の流れに沿って剃る

毛が生えている流れに沿って、カミソリで剃ることが大切です。
カミソリを持っていない手で肌がピンと張るように押さえて、カミソリを肌に軽く当てて、ムダ毛の流れに沿ってやさしくスーッと剃ってください。

<これはNG!>

毛が生えている流れに逆らって剃るほうが、しっかり深く剃れるような気がしますが、肌への負担が大きいのでやめてください!
毛の流れに逆らって剃ると、やさしく剃っているつもりでも、どうしても無理な力がかかってしまうので、肌を傷つけやすくなってしまうのです。

また、カミソリは清潔でよく切れるものを使ってくださいね。
切れ味が悪くなったら、ケチケチせずにすぐ新しいカミソリに交換です!
余計に肌を傷つけるだけですから。

それと、お風呂場にはカミソリを置かないほうがいいですよ。
蒸気などでカミソリの刃がさびやすくなってしまうからです。

4

温かいタオルで拭き取って剃り残しをチェック

温かいタオルを用意して、クリームと剃った毛を拭き取ります。
タオルを準備するのが面倒な人は、温かいお湯で流してもいいですよ。

クリームを拭き取ったら、剃り残しをチェックしてください。

<これはNG!>

クリームを拭き取る前から、「剃り残しがないように」と同じところを何度も剃ると、肌を傷つけてしまいますから、くれぐれも拭き取ってからチェックしましょう。

剃り残しがあったところは、もう1回クリームをつけてから、やさしく剃ってください。
できれば2回目は、カミソリではなく、電動シェーバーがおススメです。
やっぱりカミソリの刃での二度剃りは、負担が大きいですからね。

面倒に思うかも知れませんが、このような細やかな気配りが、美しい肌を作るんですよ。

剃り残しを剃ったら、再度温かいタオルで拭き取るか、温かいお湯で流しましょう。

5

冷たいタオルで肌を引き締め保湿をする

冷たいタオルを剃ったところに当ててください。
どんなにやさしく剃っても、カミソリの刃で肌は炎症を起こしていますから、それを鎮静する作用と、肌を引き締める効果があります。

冷たいタオルを用意するのが面倒なら、冷たい水で流しても構いません。

最後に、しっかりと肌の保湿をしましょう。
肌が乾燥していると、次に毛を剃るときに肌を傷つけてしまいます。
肌は常に保湿を心がけてください。

あとがき

正しいムダ毛の剃り方を紹介しましたが、どのように感じましたか?
「たかがムダ毛を剃るために、こんなに気をつけなきゃいけないの!?」と思った人も多いかもしれません。

“たかが”ムダ毛剃りですが、肌にはそれだけの負担がかかっているのです。
ですから、毎日カミソリで剃ることも控えてほしいと思います。
多くても2~3日に1回にとどめてください。

ムダ毛を剃ること1つをとっても、しっかりとケアすることで、きれいな肌を作っていくことができます。

正しい方法を実践して、ツルツル・スベスベのきれいな肌をめざしましょう!

この記事に関するキーワード

  1. 体毛
  2. ムダ毛
  3. 毛深い
  4. 脱毛

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR