ライター:*みか*

目指せ!憧れの小顔美人!

小顔美人・・それは女性の永遠のテーマ。 しかしエステに通い、小顔を目指すことは持続性に欠けますよね? そこで今回はそんな小顔美人を目指すあなたへ贈る「小顔美容法」をお届けしたいとおもいます。ダイエットやストレッチ、小顔効果のあるメイク法からヘアアレンジ、食事まで幅広くご紹介しますのでぜひ参考になさってみてくださいね。

シェアする
point
  • ダイエットは小顔への近道
  • “むくみ解消”小顔ストレッチ
  • 食べると小顔になれる?おすすめ食材
  • 魅せる小顔メイク法
  • 顔痩せヘアアレンジ術
1

ダイエットは小顔への近道

出典:出典先リンク

顔が大きく見えるという事にはいくつかのポイントがあります。

その一つは全体的なぽっちゃり体型!

体に脂肪がついているがゆえに顔まで大きく見えてしまっているという場合もあるのではないでしょうか。

そんなあなたへおすすめしたいこと、それはダイエットです。

ダイエットは小顔を目指すぽっちゃり体型のあなたにとって最大の近道になるといえるでしょう。

顔だけを痩せさせるということは、とても難易度が高く難しいことです。

しかし全体的な減量を行なうことで自然な顔痩せにも繋がり、顔の回りについていた余分なお肉をすっきりさせることも。

ぜひお試しください。

ダイエットでほっそり小顔美人!一石二鳥だピグ。
2

“むくみ解消”小顔ストレッチ

出典:出典先リンク

顔が大きく見えるポイントその2、それはむくみです。

ダイエットの必要がなくてもむくみのある顔はそれだけで大きく見られがち。

しかしそれはあまりにも、もったいないことですよね。

そこでむくみが簡単に解消されるというお顔のストレッチをご紹介しましょう!

それは「あ・い・う・え・お」などの五十音をそれぞれの言葉に合った口の形で大きく動かすだけ。

普段何気なく発している言葉ですが、一音一音を丁寧にゆっくりと発するということだけで「表情筋」を鍛えることが出来、それがむくみ解消にも繋がっていきます。

ポイントは朝に行なうということ。出来ればよりむくみの目立つ「起床後すぐ」がベスト。

特に前日にお酒を飲んだ日や寝不足など、疲れがたまっている朝にはもってこいのストレッチです。すっきりした目覚めとなることでしょう。

また普段から顔の筋肉をしっかりと動かしてあげることでむくみを遠ざけることが出来、より小顔美人への道が近くに見えてくることでしょう。

朝以外にも時間がある時にはこうした顔のストレッチを心がけることで小顔効果だけでなく、お顔全体のアンチエイジング効果としても大いに期待できるのではないでしょうか。

続けることで効果を得られる小顔ストレッチだピグ。
3

食べると小顔になれる?おすすめ食材

出典:出典先リンク

ここまでダイエットやストレッチによる小顔対策をご紹介してきました。

しかし食生活を改善することでも小顔を目指すことは出来るんです!

例えば・・「アボカド」や「海藻」。
この2つの食材は主にむくみを気にする人におすすめです。


むくみの原因であるリンパの流れを良くしたり、海藻はデドックス効果も期待できる優秀な食材となっておりますよ。

またたるみも顔を大きく見せてしまう原因の一つ。

そんなたるみにはハリをもたらすコラーゲンが必要で、それには「うなぎ」などのプルプル食材が最適です。

こうした顔とともに体内を健康にし、その結果として小顔に近づけるならそんな嬉しいことはありませんよね。

顔の運動をしながらもこれらの食材をバランス良く取り入れ、体の中から綺麗な小顔をぜひ手に入れてください。

健康的で綺麗な小顔をゲットするピグ。
4

魅せる小顔メイク法

出典:出典先リンク

こうしたストレッチや食事と並行して、小顔に魅せるというメイク法もご活用ください。

① 顔にメリハリをつける

それはファンデーションの上から「ハイライト」や「ノーズシャドウ」を入れることで生まれる立体的な視覚効果のことを指します。

その他「チーク」を頬に沿って入れてあげることによりシュッとしたシャープな顔立ちに仕上げることが出来るでしょう。

出典:出典先リンク

② 目を大きく魅せよう

パッチリお目目を印象付けることで小顔効果UP!

アイラインやアイシャドウ、つけまつ毛をくしし、出来るだけ目を大きく魅せることがポイントです。

また涙袋をハイライトなどで強調させることで、より目に視線がいきやすくなり小顔効果が生まれるというわけです。

目の大きい人は元々「小顔」に映りやすいとも言えるかもしれませんね。

もし目が小さいと思うのなら、より目元に重きをおきメイクを行なってみてはいかがでしょうか。

自分で作り出す視覚効果で小顔美人を演出しましょう!

目を大きく描くことで顔の面積を狭めてピグ。
5

顔痩せヘアアレンジ術

出典:出典先リンク

最後はヘアスタイルについてです。

ヘアアレンジ術を身に付けることで上手に顔痩せ効果を得ることが出来ます。

顔が痩せて見えるということは自然と小顔効果にも繋がっていきますのでぜひ取り入れてみてくださいね。

① トップは高めがイイ

前髪を上げたり、輪郭をみせるというスタイリングは顔痩せ効果を狙った時にはどうしても避けがち。

しかし意外にも顔を隠すより魅せることのほうがかえって痩せて見え、小顔効果を生み出すことが出来るのだといいます。

それはメイク法の際にもご紹介した視覚効果を利用することが出来るから!

髪型をアップスタイルにすることでトップを高い位置におき、目線を上へと集中させることによる視覚効果を演出するのです。

② ふんわり小顔ミディアムアレンジ

肩よりも少し長いくらいのミディアムヘア。

ポニーテールと共にアレンジしやすい長さの一つです。

またとても女性らしいヘアスタイルでもありますので、可愛い髪型を目指すならぜひおすすめですよ。

全体的にふんわりと束ねつつも顔の輪郭が少しだけ隠れるようにサイド部分のボリューム調節が小顔に魅せるための大きなポイントとなるヘアアレンジです。

そして髪をふわっとさせることで重たさを感じさせず、輪郭を隠すようにサイドを下ろしても小顔効果は失われないまま。

この「ふわっ」が大切な役割を果たしているのですよ。アレンジに迷ったらぜひお試しあれ!

輪郭を出すも隠すもアレンジ次第で小顔効果があるのだピグ。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたか?

今回は女性なら一度は憧れる小顔美人へ近づくべく、様々な方向からのご提案とさせていただきました。

そして一つ言えること、それは何事も持続することが大切だということ。

持続こそが憧れへの近道であり、第一歩なのではないでしょうか。

小顔美人を目指すなら、こうしたメイクやヘアアレンジ術を使った視覚効果なども利用しながら顔のストレッチや食事など体内からもアプローチしてみてください。

続けることで、きっとあなたも小顔美人♪

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. 小顔
  3. ストレッチ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:*みか*
age:0
ドラマ・音楽・お洒落・ドライブが大好きなライターです。 お暇なときはコラムをどうぞ♥

PR