ライター:*はる*

「あげまん」希望の女子に捧ぐ!こうして彼をアゲよう♡~初歩編~

昨今、よく聞く「あげまん」。 漠然とした意味は知っていても、深く考えたことはない方が多いのでは? いざ「私も、あげまん女子になる!」と決めたなら、今ここで、しっかり基本を押さえておきましょう。 あなた次第で、彼の未来はどの様にでも変わるのです♡

シェアする
point
  • 口角を意識することで相手も自分も気持が上がる♡
  • あげまんになりたい女子必見!
  • しっかり話しを聞くのがコツ♡
1

あげまん女子は、口角が上がっている。

出典:出典先リンク

あげまん女子の特徴として、「福を呼ぶ顔」があげられます。
といっても、顔立ちより大事なのが、「表情」です。

眉も口角も下がっている女子より、眉は程よいアーチ形、口角はきゅっと上向きな女子の方が、誰の目にも分かりやすい「あげまん顔」なのは明確ですよね♡

人と会っている時はもちろんのこと、一人でいる時にも、意識して口角を上げましょう!
口角を上げていると、気持ちも上がってくるから不思議です。

表情と心は、深く繋がっているのですよ♡
人に見られていない時こそ、女子力を上げるチャンスですから、幸せ顔で、幸せな出来事をどんどん引き寄せましょうね。

2

言葉を選ぶ。

出典:出典先リンク

あなたは日頃、彼にどんな言葉をかけているでしょう。

彼が悩んでいる時、困っている時は、どんな行動を起こしていますか?
彼が喜んでいる時、楽しそうな時は、あなたはどう感じ、どんな言葉かけをしているでしょうか?

相手のことを思いやって発言した言葉でも、それが結果的に相手の悩みを増やしてしまったり、揚げ足をとってしまう様では意味がありません。
「意見や助言をする・しない」はお互いの立場や状況、関係によっても変わりますが、軽はずみな発言は、慎む様に心がけましょう。

こちら側の何気ない言葉が、相手にどんな影響を与えるのか…。

それは、受け取る側にしか分からないからこそ、思いやりを持って声かけしたいものですね。

3

言葉かけの具体例。

出典:出典先リンク

では、どんな言葉が、彼をアゲるのでしょうか?
ぜひ、彼の足を引っ張るのではなく、気持ちを上向きに出来る言葉を、沢山見つけてください♡

けなすのではなく、褒める。

たまに冗談でけなしあう位なら、心を許しあっている証のコミュニケーションで微笑ましいですが、日常的に相手をけなすのはNGです!
「ありがとう。」「あなただからこそ~出来るんだよ。」と、暖かい言葉はプライスレスですから、いっぱい使いましょうね。

そして、彼は「他の誰でもない、大好きなあなたの発言」だからこそ、より幸せを感じるのです♡
効果が倍増するとあれば、あなたも更にやる気がでるはず!

前向きな言葉を、日常使いしていきたいですね。

4

彼の目を見て、話しを聞く。


出典:出典先リンク

気の許した彼と、いつもの様に、たわいのないお喋り。
その時、あなたの視線はどこを向いていますか?
彼の顔はそっちのけで、スマホを凝視なんてコトはないでしょうか。

人は、自分の話を真剣に聞いてくれる相手に、より信頼感を覚えます。

彼が話し始めたら、一度自分の口は閉じて、彼の目を見ましょう。
そして、うんうんと頷いたり、相づちをうちながら、しっかり話を聴きましょう。

聞き上手は、コミュニケーションの上級者です!

ひたすら目だけを見つめていては、彼もドギマギしてしまうかも知れませんから、凝視のし過ぎには気を付けてくださいね。

あとがき

出典:出典先リンク

あげまんの初級編、楽しんでいただけましたか?

ここで、ミランダ・カーさんの名言をご紹介します。

~美しさとは、心の持ち方。「私は愛される価値がある。」と信じること。
女性は「美しくなる」と決意すれば、それだけ自信が湧いて、 自分を輝かせることが出来るの。~

  自分に誇りと自信を携えて、愛を軸に生きる女性は、いつの世も美しく輝いていますね!

この記事に関するキーワード

  1. あげまん
  2. 恋愛
  3. 女子力

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:*はる*
age:30
全ては、絶対に大丈夫!

 試練の連続を乗り越え、ワクワクな人生観を見つけました。
「本当の幸せを育てる秘訣」をお伝えします。
 あなただからこそ、出来ることがあります。

 共に、笑顔の光を放って生きましょうね♡

PR