ライター:美怜

毎年悩む義理チョコ!今年は悩まずすぐに解決できちゃう職場用の義理チョコ特集♪

義理チョコは、社交辞令とはいえど結構面倒だし予算もかかるし……。安く済んでそれなりに好印象を与えられるものを選びたくても、休日を削って義理チョコ探しをするのは大変ですよね。そこで今回は面倒な義理チョコを悩まずに決められる、オススメなものを厳選してご紹介します!

シェアする

目次
そもそも義理チョコって必要?
義理チョコの予算ってどのくらい?
義理チョコは手作りor市販のもの?
イメージ良く見られる義理チョコって?
これは選ばない方がいい義理チョコって?
梱包とかも結構重要?
手がこもってるように見えて安く済む個人梱包術!
500円以下の義理チョコのオススメ5選!
1000円以下の義理チョコのオススメ3選!
毎年大人気な義理チョコ3選!
最後に

そもそも義理チョコって必要?

儀礼のようなものは一切行わないという職場もあるようですが、なんだかちょっとさみしいだけではなく不自然な感じもしますよね。

手をかけるのは面倒だったりもしますが、義理チョコは相手に日頃の感謝を伝える感謝チョコなので深く考えずにチョコで表すつもりが◎。

出典:出典先リンク

普段あまり話すことが無い方や苦手な方に渡すことによって自然と話しやすくなったり仕事がスムーズに進めるようにもなるためビジネスモードな考えで割り切ってみるのもいいかもしれません。

勿論、義理チョコについて考える前に新入社員の方や今の職場についたばかりの方は職場のルールを確認するようにしましょう!

義理チョコの予算ってどのくらい?

勿論職場によってまちまちで、社員数やどんな会社かによっても相場はかわると思いますが、職場での義理チョコは個数も多かったりするため相場は割と低めなようです。

ずばり1人分の義理チョコの相場は500円で、500~1000円の間で収める方が多いようです。500円でも10人いれば5000円になりますし、会社の人数が多ければ多いほど出費としては結構多くなりますよね!

出典:出典先リンク

相場が1000円以上の会社もあるようですが、基本的にちょっとした感謝の気持ちを伝えるものですので変にかしこまったものよりは手軽なものが貰う側からしても好まれる傾向にあるようです。

義理チョコは手作りor市販のもの?

学生時代の義理チョコ(友チョコ)というと手作りのものを配っていた人がいたイメージがある方が多いかもしれません。

しかし職場での義理チョコとなると手作りだとちょっと頑張りすぎているようにみられたり、片抜きチョコなどだと溶ける心配なども懸念しなくてはならなくなってくるため、手作りチョコを渡している方はあまりいません

出典:出典先リンク

失敗してしまったり梱包や作るものを華美にしたりすることで逆にコストがかかってしまう、といった理由もあり市販のものを購入して渡す方が多いようです。

イメージ良く見られる義理チョコって?

手作りチョコだと家庭的にみられるかもしれませんが、職場では女子力の高さはチョコを作るのがうまいかどうかではなくどれだけ相手を思いやっているかなので見た目重視になりやすい傾向にあります。

イメージがいい義理チョコとしては梱包がしっかりしていたり、品のあるものだったり、もらう側としては小さめな方が持ち帰りが楽なため、相手のことを考えているようにみられてイメージアップに繋がったりするようです。

出典:出典先リンク

確かにバレンタインの義理チョコをどこかに行ったお土産のように大きい箱の物を分け合う職場は聞いたことがありませんよね!

これは選ばない方がいい義理チョコって?

では逆にこれは選ばない方がいいと思われる義理チョコはあるのでしょうか?NGな義理チョコとしてあげられるものは妙にハート感の強いチョコ義理チョコでハートのものをもらっても反応に困るという方が多いようです。

出典:出典先リンク

そして味に賛否があるようなお酒入りのチョコや抹茶・フルーツ味のチョコがあまりよくないようです。好き嫌いがはっきりと分かれてしまうため食べられない方に食べられないチョコを渡してしまうとお互いに気まずくなったり印象悪く見られてしまいます。

以上の点を踏まえると割とオーソドックスなものの方が相手ももらいやすかったり、印象良く見られるようですね!

梱包とかも結構重要?

手作りか市販のものかでもどんなものを選ぶかによってもらった相手からの印象が変わりますよね。

意外にも中身の見た目や味よりも渡すときの梱包は相手に印象付けやすいため、苦手な方やあまり話さない方に渡すときはイメージアップに繋がる可能性もとても高くなります。

出典:出典先リンク

特に職場での義理チョコは家に持って帰って食べるとなると誰にもらったものなのかわかりにくくなってしまうため相手に印象付けたいときは義理チョコでも勝負チョコに近いものになるため梱包はとても重要です。

手がこもってるように見えて安く済む個人梱包術!

家に持って帰って食べられるようなチョコとして小さめでしっかりと梱包されたチョコもとても好印象になりますが、ちょっと高めで個梱包になっているチョコを数個ずつ透明や半透明のラッピングペーパーなどにいれても◎

家に持って帰るのが面倒だという方もいるため、中身がわかれば仕事の合間などに気兼ねなく食べてリフレッシュすることもできるためたくさんはいっているものや中身が見えないよりも印象よく見られることがあります。

梱包が面倒だなと思う方もいるかもしれませんが、個梱包で何個も入っているものの方が箱などの梱包料が少ない分安く済むこともありますし自分が購入して持って帰るまでがかさばらずに済むといった利点もあります。

商品名 ナポリタンチョコレート(ダーク&ミルク)
(成城石井)
価格 1615円(税込)
販売サイトをチェック

500円以下の義理チョコのオススメ5選!

安く済むわけではなくしっかりと梱包されているので失礼なく渡せるのもオススメ。味も兵庫県にある国産工場で作られたチョコなので値段の割に口どけがよくコクもあり、苦手な方も少なく人数が多い職場の方にとてもオススメです♪

商品名 バレンタイン義理 チョコブルーボックス
(パールパティ)
価格 145円(税込)
販売サイトをチェック

猫の包み紙がとても可愛いアソートタイプのチョコで色の指定はできませんがクランチチョコが2つ入っており、かなりお洒落に見えます。本当にちょっとした気持ちとして気軽に渡せる金額なのでとてもオススメですよ♪

商品名 気まぐれNekoのちょこ
(ギフトハウス)
価格 259円(税込)
販売サイトをチェック

口どけなめらかな食べる人が飽きないフレーバーでできており、販売しているお店が「お芋スイーツ」というだけあり、スイートポテト味・ストロベリー味・チョコレート味になっています。味へのこだわり以外にも男性が食べていてもはずかしくないようなシックな梱包になっているところも得点として高いですね!

商品名 くちどけクッキー詰め合わせセット(3枚セット)
(おいもやのお芋スイーツ)
価格 350円(税込)
販売サイトをチェック

メープルシロップを使用した上品な味のチョコレートで中にマカダミアが1粒入った大人の味わいになっているチョコです。一風変わったチョコのような気もしますが雑誌などでも取り上げられている有名スイーツ店の1番人気のチョコです♪

商品名 café,q du chocola ベーシックボックス
(café,q tokyo)
価格 496円(税込)
販売サイトをチェック

7粒のチョコのフォルムとエキストラミルク・ミルク・セミスイートといった味が目を引き、赤いパッケージが目に留まるモロゾフのチョコは安定の美味しさで誰に渡しても当たり外れがないのがいいですね。梱包もしっかり紙で梱包されているのでそのまま安心してそのまま渡せるのもかなり特典の高いチョコです。

商品名 プレーンチョコレート
(モロゾフ)
価格 324円(税込)
販売サイトをチェック

1000円以下の義理チョコのオススメ3選!

リンドールというと高級かつクリーミーなチョコとして有名で女性に大人気ですが、通常のパック梱包ではなくボックスに入っており、渡しやすくなっていることからとても人気の高いチョコです。口どけがとてもなめらかなので女性だけではなく男性にもとても好評です!

商品名 リンドール・ミルクBOX
(リンツ)
価格 702円(税込)
販売サイトをチェック

北海道のお土産として有名でよく物産などでも見かけるロイズのチョコは老若男女問わず人気の高いチョコですよね。パッケージも大人っぽく、ギフトラッピングも行えるため手渡しの際もとても渡しやすいのが特徴的です!

商品名 生チョコレート ビター
(ロイズ)
価格 777円(税込)
販売サイトをチェック

7種類ある中でも幸せが訪れそうなクローバーの形のチョコが入っており、もらった人に幸福が訪れますようにと願いが込められています。日頃の感謝の気持ちをさり気なくアピールできるだけではなくお洒落な梱包なので値段よりも高く見えますよ♪

商品名 アミティエ(ハピネスグリーン)
(モロゾフ)
価格 799円(税込)
販売サイトをチェック

1000円以下のチョコが結構多くでていますが、できるだけ安く抑えたい方が多いためネットではかなりの低価格で販売している義理チョコも多く、500円以下に収める方が多くみられます。

そんな中でもやはり値段よりも見た目や気持ちを重視するという方は1000円以下で探しているという方もいるようです。

毎年大人気な義理チョコ3選!

やはりチョコというと誰もが出てくるゴディバは毎年人気のようです。女性だとミルク味が人気のようですが当たり障りのないヘーゼルがバレンタイン時期だと人気のようです。なめらかなヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートでコーティングしたトリュフで金色の包み紙とリボンが高級感を引き立ててくれます。

商品名 ラッピングトリュフ ヘーゼル
(ゴディバ)
価格 756円(税込)
販売サイトをチェック

フルーツ系チョコは当たり外れが多いのであまり人気がなかったりする中、果物屋として有名な高野のフルーツチョコは果物屋のチョコだということでとても人気が高く、個梱包で一口サイズなのでもらってすぐ仕事中にでも食べることができるだけではなく色合いも鮮やかです!

2538円と聞くと一見高く感じますが、1箱に5袋入っているため1袋単位だと508円とお手頃なお値段になっているのも人気の理由です♪

商品名 フルーツチョコレート
(新宿高野)
価格 2538円(税込)
販売サイトをチェック

最後に

義理チョコというと社交辞令で仕方なく渡さないといけない感じもしますが、日ごろの感謝の気持ちや、あまり接点のない方と話すきっかけになると思うと、印象がよくなりますよね。

出典:出典先リンク

持ち帰ることを考えると袋よりは箱系の梱包が良さそうですが、簡易梱包やちょっとした箱に入っているものの方が相手も気を使わなかったりするようです。

相手に日頃の感謝の気持ちを伝えられる機会になる義理チョコは、感謝チョコとして互いに快く思えるものを選んでくださいね♪

この記事に関するキーワード

  1. バレンタイン

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:美怜
age:27
モデルやバンド活動を経て現在に至る。
現在は以前から好きだったライティングの仕事に就き、子育てに奮闘しながら執筆活動をしている。
ファッションや美容関係のジャンルにかなり詳しい

PR