ライター:まりあんぬ

今の彼氏で本当にいいのかな?別れを迷った時に考えたい4つのポイント

大好きだったなぁ、でも今は…。大好きでかけがえのない存在だった彼氏。いつからか一緒にいるのが当たり前になり刺激がなくなって、別れを考えるように。付き合いが長くなれば長くなるほどそんな気持ちになってしまいますよね。そう考えてしまう原因はなにか、整理してみると自分の気持ちが見えてくるかもしれません。

シェアする
point
  • 自分の気持ちを素直に伝えていますか??
  • 彼氏のことを本当に好きかわからない。
  • 欲しい言葉は彼からのプロポーズなのでは??
1

ドキドキはなくなって気持ちがマンネリになっていませんか??

出典:出典先リンク

同じことの繰り返しに飽きていませんか?

付き合いが長くなると新鮮さはどうしてもなくなってきてしまいます。
一緒にいてもつまらない…って思っているのは自分だけではなく相手もかもしれません。

相手に求めるだけで、自分からは何も行動を起こさないのは少し自分勝手かも。
して欲しいだけでは、この先この恋愛を続けていくのは難しいです。

相手に求めるのはとても簡単なことだけど、自分が何をして欲しいかを伝えることができたらマンネリから脱出できそうです♡

相手の立場になって考えるのはどんな時でも大切です!

2

彼と一緒にいることが当たり前になってませんか??

出典:出典先リンク

一緒にいることが当たり前で新鮮さやドキドキ感がなくなってきた時に、他の人がよく見えてしまうことがあります。

普段優しくしてくれない人に優しくされるとどうしてもドキドキしてしまうもの。
そんな経験ありませんか?

でもきっとそれは恋ではなく、優しくされたことが嬉しいだけ。
本当に恋なのか、それとも違うのかは自分の気持ちと向き合うことが大切です。

今の彼の優しさに慣れてしまっていませんか?
人間どうしても慣れてくるとそれを当たり前だと思ってしまうところがあります。

優しくしてくれるのは当たり前じゃないということを忘れてはいけませんよね。

そのことを理解した上でもう1度自分の気持ちと向き合ってみると本当の気持ちがわかると思いますよ♡

3

彼のことが本当に好きかわからない。

出典:出典先リンク

彼氏のどこが好きですか?

答えられた人はそれを彼氏に伝えてみてください。
答えられなかった人も大丈夫です、安心してください。

好きな人の好きな部分をうまく言葉にできる人は少ないものです。
だから好きかわからないから別れるという結論に出るのは早すぎますよ!

恋は盲目なんて言葉がありますが、本当に好きな時って明確な理由がわからないもの。

好きの反対は嫌いではなく無関心。

彼に対してここが嫌いというのはまだ好きの気持ちがあるからのことです。

4

彼がなかなか決断してくれない。

出典:出典先リンク

そろそろ年齢も年齢だし、結婚したいのに彼氏が決断してくれない…。

決断力というものは生きていく上で大切なこと。
中でも結婚は女性の憧れですよね!

だからこそ彼氏に決断してほしいのに決断してくれないのは別れを意識するきっかけになることも多いようです。

では、なぜ決断してくれないか考えたことはありますか?

仕事のこと、年収のこと、家族のこと、彼なりに決断しにくい事情があるかもしれません。

事情を聞いていないと決断力がないことで嫌悪感を抱いてしまいますが、彼にそれとなく聞いてみるといいかもしれませんね。

また現在では女性からの逆プロポーズなんかも増えているようです。
プロポーズされるのは憧れますが、どうしてもってときは自分からプロポーズを考えてみるのもありかもしれませんよ!

あとがき

出典:出典先リンク

気持ちというのは形がないので見えなくて不安になることもあると思います。
自分と向き合って、彼氏ともきちんと向き合って、納得ができるなら別れるのも1つの答えかもしれません。

このまま付き合っていくのか、それとも別れるのか、最後に決めるのは自分です!
どんな決断をしても後悔だけはしませんように。

いい恋をしてくださいね♡

関連記事

彼のこと本当に好きかわからない。。見分ける4つのポイント

この記事に関するキーワード

  1. 恋愛
  2. LOVE
  3. 好きな人
  4. 彼氏
  5. 好き
  6. 別れ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:まりあんぬ
age:0
今まで学んできたものを踏まえつつ、新しい自分を見つけてもらえるようにたくさんの提案をしたいと思っています。また私自身も新しい自分を見つけたいと思っているのでお互いにファッションを楽しみましょう♡

PR