ライター:nanatsu

おしゃれ女子必見!流行の食べて痩せる面白ダイエットをご紹介♡

誰もが一度は通る道。【ダイエット】痩せたいけど中々痩せられない。そんな方も多いのでは??ダイエットと言ったら、食べないダイエットが多い中、実は食べながら痩せれるダイエットもあるんです!?

シェアする

出典:出典先リンク

ダイエットの最大の敵。
それは継続できない弱い心。

今度こそは痩せようと誓ったはずなのに、会社帰り、ふらっと立ち寄ったコンビニでアイスやお菓子を買ってしまう。
「食べない」という見えないストレスから我慢することがどうしてもできない。

しかし、世界中には色々なダイエット法があります。
こんなに色々なダイエット方法があるのだから、どれか一つくらいは自分に合ったダイエット方法が見つかるかもしれません。

焦らず、色々試してみるのも楽しいかもしれませんよ。

1

肉と卵とチーズで痩せる??MEC食ダイエット

出典:出典先リンク

初めて聞くダイエット法という方も多いはず。
ここ最近、じわじわと流行始めてきたMEC食ダイエット。

MECとはMeat(肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の頭文字を取って名付けたダイエット法で、毎日欠かさずこの3品を取って痩せるという驚きのダイエット方法です。

肉やチーズの種類、調理法に縛りはなく、煮ても焼いてもOKというから驚きです。

食事は3食に分ける必要がなく、空腹を感じたら食べる。
その代わり、糖質を多く含む主食(ご飯、パン、麺など)は極力控えます。

ダイエットで何がツライかってお肉を我慢することって方多いのではないのでしょうか?
こちらのMEC食ダイエットは沖縄で医者をやっておられる方が提唱しているダイエット法だそうで、本も出版されています。
気になる方が一度試してみてはいかがですか。

2

バターダイエットが北欧で大ブーム!?

出典:出典先リンク

北欧、ノルウェーには驚きのダイエット方法が紹介されました。
その名も「バターダイエット」。

このバターダイエットのおかげ?でスーパーの棚からバターが消えるという現象も起きたほどです。

しかし、本当にバターでダイエット効果を得られるのでしょうか?
バターダイエットは低インシュリンダイエットとして、「炭水化物より血糖値が上がりにくくダイエットには効果的である」として流行っているようです。

しかし、摂りすぎるとコレステロールや中性脂肪が増加し、ドロドロの血液を作り出してしまいます。
何事にも取り過ぎには良くないということですし、何より一部の専門家からはおすすめできないということです。

3

とにかく効果がすごい!!ホットヨーグルトダイエット

出典:出典先リンク

テレビで紹介されてから、かなりの反響がある「ホットヨーグルトダイエット」

確かに、ヨーグルトはお通じに良いということは、誰でも知っていることではありますが、ヨーグルトを38℃~40℃位に温める食べることで、乳酸菌の働きをより活発にし、カルシウムの吸収もUPしてくれるというから驚きです。

体内のカルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンが分泌され、体内に脂肪を蓄積しようと働きかけます。
カルシウム不足も太る要因の一つなのです。

基本的にはヨーグルトを電子レンジ500Wで40秒チンするだけでOK。
ただそれだけだと酸味が増してマズいので、はちみつなどお好みで加えてみてください。

4

お米は太らないの?芸能人の間でもブーム!おにぎりダイエット

出典:出典先リンク

ダイエットの敵「炭水化物」
その発想を覆すダイエット方法が今芸能人の間で話題となっています。
その名もおにぎりダイエット。

1日1~3合のおにぎりを食べるだけ。
目安は朝おにぎり1~2個。
昼おにぎり2~3個。夜1個。

おかずは野菜中心にドレッシングはノンオイルのものを使用。
肉類、魚類を食べず、米以外の炭水化物はNG。

普通のごはんではなく、おにぎりにすることが重要なのだとか。

冷えたごはんには温かいご飯よりも摂取カロリーが抑えられて脂肪がつきにくいレジスタントスターチという消化されにくいでんぷんが多く含まれます。

このレジスタントスターチは食物繊維と同じ働きをするのです。

やはりお米は日本人にとって、とても需要な食材ですので、お米をしっかり食べ、ダイエットをすることは精神的にも安定するのではないでしょうか?

5

海外セレブも「豆」に注目!大豆ダイエット

出典:出典先リンク

大豆ダイエットが注目されている理由、それは何と言っても低カロリーであることと、不足しがちなたんぱく質を豊富に摂取できるという点です。

そして、女性にとってとても重要な大豆イソフラボン。
これは、女性ホルモンと似た働きをしてくれる、減量の効果に欠かせないものです。

この、大豆ダイエットをして、うれしいのはレシピが豊富にあるということです。
大豆といっても、豆乳、納豆、豆腐、など、料理の種類からしても多いので、毎日とっても全く飽きません。

しかも、豆乳は色々な料理に活用できますので、これからの季節は鍋にしてもおいしいですよね。

あとがき

出典:出典先リンク

いかがでしたでしょうか?
ダイエットも今まで、ダメだった食材が色々な研究の成果により、食べても太らなかったり、逆にダイエット食だったものが、実はダイエット効果が得られないことがわかったりと、日々変化してきます。

みなさんも色々なダイエット方法を試して、自分に合ったダイエット方法を見つけ出してくださいね♡

この記事に関するキーワード

  1. ダイエット
  2. おすすめ
  3. 食事

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:nanatsu
age:0
【経歴】ゴルフ場の営業として勤め、出産を機に退社。営業ではコンペ開催、HP作成など色々な業務をしておりました。現在は子供も落ち着き、平日は事務職として働いています。
【コメント】自分の経験してきたことを色々な媒体で発信していけたらと思っています。今興味のあることは、ペット関連です。その中でも猫が大好きです。ペットとしてではなく、保護猫への活動も興味あります。今後は色々なテーマを考えていきたいと思っています。

PR