ライター:yukicoco

クリスマスはもう目の前!大好きな彼氏と一年でいちばんロマンチックな日の迎え方♡

今年もあっという間に終わりに近づき、大きなイベントのうちのひとつである、クリスマスの時期を迎えますね♡ もう予定が決まっている方も、そうでない方も、今からでも間に合うクリスマスへの臨み方をご紹介します!

シェアする
1

いつもそばにいてくれる彼へ、感謝の気持ちを伝えよう♡

出典:出典先リンク

当たり前のようにあなたを愛してくれて、当たり前のように二人でクリスマスを迎える。
これって実はとっても幸せなことですよね♡

クリスマスをこうやって二人で過ごせることに、まずは感謝をすることから始めませんか?
初めて迎えるクリスマスでも、2度目でも3度目でも、クリスマスを一つの機会に、感謝を伝える場として相手に思いを伝えてみましょう!

過ごす場所や、プレゼントも大切なことですが、初心に戻り、目の前にいる人への気持ちを再度確認するとても素敵な時間になることでしょう♪

2

クリスマスでおしゃれにドレスコード♡ カップルで一つの素敵な雰囲気に

出典:出典先リンク

もうすでに、クリスマスの夜を過ごすレストランやバーを決めている方や、探し始めている方もいることでしょう。

そんな素敵な夜、どんな服を着るかもう決めていますか?
いつもより少し華やかなドレスや、そこまで気取りすぎないカジュアルスタイルなど、それぞれクリスマスに望むスタイルはそれぞれだと思います。

ここでオススメしたいのが、彼とドレスコードを合わせることです!
ペアルックとは違い、カラーやスタイル、小物を揃えて統一感を出すだけで、カップルで素敵な雰囲気をだせてしまいます♡

自分たちだけでなく、周りにも素敵だなぁと思わせることができるでしょう♡

3

クリスマス当日だけじゃない! 自分を見直して、最高の状態でクリスマスを迎えよう♪

出典:出典先リンク

彼がいる女性にとって、クリスマスはとっても素敵なイベントですし、待ちきれないのではないでしょうか♡

でも、ちょっと立ち止まって、自分自身を見てみてください。
いつも一緒にいてくれる彼にとって、あなたは完璧な女性でしょうか?

普段の生活や美容に運動など、理想的な状態でしょうか?
もちろん完璧な人なんていませんが、クリスマスまでの間、もう少し自分のメンテナンスにじっくり向き合ってみましょう!

クリスマス当日、彼の目により魅力的に映れば、とっても素敵な一日になることでしょう♡

4

ホームパーティで、楽しさ倍増! クリスマスを大人数で過ごす方法♪

出典:出典先リンク

実は、クリスマスというと、海外では自宅で家族と過ごすのがとても一般的です。
ちょっと意外ですが、恋人と二人で過ごすのは、日本ならではのようです。

でも、海外のように、家族ではなくても、友人たちや友人カップルを招いてホームパーティをするのも新鮮ですし、盛り上がること間違いなしですね♡

クリスマス前から、テーマや飾り付けや作る料理などを話し合いながら決める作業も、大人数ならではので、それだけでもひとつの思い出になることでしょう♡

あとがき

出典:出典先リンク

今回は、これから迎えるクリスマスをより素敵な時間に過ごせるようなアイデアをご紹介しました♪

彼との初めてのクリスマスという方も、2年目3年目の方でも、参考にできるものになってます!

クリスマスというと、当日までドキドキして待つというイメージですが、今からでもやれることはたくさんあると思うのです♡

関連記事

海外のクリスマスは日本とは全然違う!?本場キリスト教徒のクリスマスとは
クリスマスは女子会で盛り上がろう!いつもと違う特別な一日へ♡
彼氏にもっと愛される♡クリスマスを特別な日にするサプライズ方法!

この記事に関するキーワード

  1. クリスマス
  2. 彼氏
  3. 恋愛
  4. LOVE
  5. 方法

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. ダイエット
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 顔が大きい
  8. 肩幅が広い
  9. 脚が太い
  10. ストリート系メイク

この記事を書いた人

name:yukicoco
age:0
【経歴】アパレル経験あり。美容、ライフスタイル、ファッションなど、幅広いテーマを執筆中。
【コメント】より魅力的になったり、より良い生活を送るためのアイデアを実生活に取り入れています。流行の発信地ともいえるハリウッドで生まれるアイデアをそのまま取り入れるよりも、わたしたち日本人に合ったものや、私たちらしさを再発見できる情報を積極的に取り入れたいです。

PR