ライター:ちひろ

ドロドロした人間模様はもうイヤ! 女性ばかりの職場の人間関係を円滑にする4つの秘訣とは

学生のときは共学校だったから、女性だけの職場に慣れていないという方は意外と多いのでは? 入社する前は、男性がほとんどいないから、華やかで楽しそうと思ったのに、実際のところは・・・。「女性ばかりの職場がこんなにドロドロしていて、恐ろしいと思わなかった」という声をよく聞きます。そこで、女性ばかりの職場で良好な人間関係を築く秘訣について、考察してみました。

シェアする
1

服装が目立ちすぎていないかチェック!

あなたは毎日、どんな服装で出社していますか?
とくに気にしないで、プライベートのときと同じような格好をしていませんか。

「私は営業じゃないし、いつも社内にいて、お客さんと会うこともないから大丈夫」と思っていたとしたら、大間違いです。
社外の人と会わないからと言って、好きな格好をして良いわけではありません。

あなただけ、少し派手な洋服を着ていたら、職場で浮いてしまいますよ。
周りの女性から、「会社はオシャレする場所じゃないのよ!」と思われてしまいます。

職場の女性の服装をよくチェックして、その職場の環境に合わせたファッションを心がけましょう。

<チェックするポイント>
・洋服の色合い(シックな色が多いか、明るい色が多いかなど)
・アクセサリー(ネックレスやブレスレットなどを着けていても大丈夫かどうか)
・靴(ヒールの高さなど)
・バッグ(自慢気に高級ブランドのバッグで出勤していませんか?)

2

悪口を言わない・陰口を叩かない

女子高・女子大に通っていたことがある方なら分かると思いますが、女性同士はすぐに仲の良いグループを作りたがります。
が、仲の良いグループに属していても、ふとしたことで「仲間はずれ」にすることがあります。

仲間はずれにするきっかけの1つが「悪口・陰口」なのです。

女性同士の付き合いの中で、ちょっと気に入らないことがあって、つい悪口を言ってしまうこともあるでしょう。
しかし、本人を目の前にして悪口を言うのもダメですが、本人がいないところで陰口を叩いてしまうと、さらに大変なことになります。

「これは内緒だよ」なんて言ったとしても、まったく意味はありません。
女性同士の環境では、仲の良いグループ・それほど仲の良くないグループに関わらず、まるで伝言ゲームをしているかのように、その悪口が広まっていってしまいます。

そして、結局はその悪口が本人の耳に入ってしまうのです。
当然、その人とグループとの人間関係はギクシャクしてしまいますね。

ですから、職場ではさまざまなことがありますが、絶対に悪口を言ったり、陰口を叩くことはやめましょう。

どうしても愚痴りたいときは、職場とまったく関係のない、プライベートでの友人に思いっきり話しましょう。

3

派閥に依存しない一匹狼になる

女性は、みんなで一緒にいることが好きなので、どうしてもグループを作ってしまいます。
職場でも、お局様を中心に、いくつかの派閥ができているのではないでしょうか。

派閥ができると、必ずほかの派閥の悪口を言うようになります。
いくらあなたが悪口を言っていなくても、その場にいるだけで、あなたも悪口を言っていた一員になってしまうのです。

これはなかなか難しいかもしれませんが、職場での派閥に依存せず、良い意味で一匹狼になることも大切です。
派閥に属するのがダメと言っているのではなく、依存するのがダメと言っているのです。

職場ですから、どうしても派閥に属してしまうこともあると思います。
ただ、そこに流されずに、しっかりと自分を持つことで、「あの子は派閥に入っているけど、依存していないから、信頼できる」という評価が生まれるでしょう。

派閥に依存しないための大きなポイントは、ランチに1人で行くことです。
ランチタイムは、一番の悪口大会の場所ですからね。

毎日、一緒に行かないのは難しくても、週に1~2回は1人で行ってみてはいかがでしょうか。

<誰も傷つけないランチの断りフレーズ>
・午後までに終わらせたい仕事があるので、お先に行ってきてください!
・お昼休憩に資格の勉強をしたいので、デスクで軽く済ませます!
・さっき先輩が話していたドラマを昨日、見逃しちゃったので、スマホで観たいんです!

4

お局様にも後輩にもオープンに接する

職場にこんな女性いませんか?
先輩・上司にはこびへつらって、後輩・部下にはとっても厳しい人。

周りから見ていて、あまり良い気分はしないですよね。

もちろん、先輩・上司には丁寧な口調で話しますし、仕事を教える後輩には注意することもありますから、まったく同じ態度で接することはできません。

でも、その態度が露骨すぎると、「上司と部下で180度対応が変わる人」という烙印を押されてしまいます。
しかも、そういう女性に限って、無意識でそのような態度になっているので、自分では気づいていないんですね。

できる限り、上司にも部下にもオープンな態度で接しましょう。

お局様と呼ばれるような女性は、はっきり言って怖いですから、どんどん周りから気を遣われてしまいます。
そこで、積極的に「仕事を教えてください!」と聞いてみたり、「たまには一緒にランチでもいかがですか」と誘ってみてはいかがでしょうか。
お局様は案外、孤立していたりするので、オープンに接してくれると、とても喜んでくれると思いますよ。

部下に対しても、仕事ができないからといって、すぐに注意するのではなく、少し見守ってあげる余裕が欲しいところです。
「ああしなさい」「こうしなさい」と言うのを我慢して、思いきって責任ある仕事を任せてみると、大きな力を発揮するかもしれません。

ほったらかしにするのではなく、「困ったことができたら、いつでもフォローするから」という態度で、優しく見守ってあげてください。

あとがき

女性ばかりの職場で、快適な人間関係を構築していく秘訣を紹介しましたが、いかがでしたか?

紹介した4つのポイントについて、「言うのは簡単だけど、実行するのが難しいんだよ!」と思われたかもしれません。

確かにその通りです。
職場にはいろいろな人がいますから、一筋縄ではいかないでしょう。

それでも、ドロドロの人間関係にならないように、少しずつ努力していくことが大切です。
あなたが諦めてしまったら、余計に悪くなってしまう一方でしょう。

そして、努力を続けていれば、必ずあなたの頑張りを見ている人が現れるはずです。
努力はあなたを裏切りません!

一歩一歩で構わないので、できることから始めていきましょう。

この記事に関するキーワード

  1. 人間関係
  2. 女性同士
  3. 先輩・上司
  4. 後輩・部下

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR