ライター:ギュル

恋愛のスパイス【ヤキモチ】気になる世界のヤキモチ事情とは・・♡

男と女の永遠のテーマの1つ、「ヤキモチ」。 妬いても妬かれても、軽くてもしつこくても、いろいろ意見が分かれるところですね。日本人の恋愛は比較的淡白と思われてますが、海外の恋愛事情、ヤキモチ事情はどうなんでしょう?ちょっとのぞいて見ましょう♪

シェアする
point
  • 中近東エリアは世界一のヤキモチ国家!?
  • 感情型のラテン系はヤキモチも感情的・・?
  • 気になるアジア系のヤキモチは??
1

ヤキモチ世界一?中近東エリアの恋愛事情

出典:出典先リンク

あの頭のてっぺんからつま先までを覆う黒い服に代表されるように、女性は家族や親族以外に顔はもちろん、身体の線や肌、髪の毛を見せない!という徹底ぶり。

厳密に言えば、ヤキモチとは違うかもしれませんが、間違ったコーラン解釈の男尊女卑が存在するため、女性は男性の所有物的な考え方が根底にあります。

自分の大事なものは隠して、誰にも見せない!というヤキモチの極端な例でしょうかね・・・。

2

欧米のヤキモチ・ラテン系の形

出典:出典先リンク

これまた、欧米と言って一緒にしてしまうと語弊がありますが、大まかにラテン系とゲルマン系で分けてみましょう。

イタリアやスペイン、ブラジルに代表される、情熱の国ラテン系は感情アピール型なので、ヤキモチも派手です。

恋愛相手が同性の友人と食事に行くと、その食事の最中に電話がかかって来るのは普通。
おしゃべりで忘れてた、って言い訳は効かない事が多いので、「うざい」と思っても、あらぬ疑惑を掛けられぬよう電話に出るのが無難、というか必須!

何を食べてる、何時に帰れる、とチェックが入り、究極はその友人と話をさせろという要求も。
本当に同性の友人かチェックするんだとか!?

3

欧米のヤキモチ・ゲルマン系&アングロサクソン系

出典:出典先リンク

ゲルマン系になると、感情を抑えるタイプが多いので、比較的ヤキモチも穏やか。
それでも日本人の感情表現よりははるかに派手なので、ヤキモチも大きいかと思います。

ただ、理屈の通じないような人種ではないので、信用を勝ち取れば、理不尽なヤキモチは妬かないタイプ。
ちゃんと説明し、嘘がないことを証明できれば、かなり自由にさせてくれる人種でもあります。

その場合は、あなたも相手を信用し、理不尽な必要以上のヤキモチや不信感を持たないようにしましょう。

4

比較的穏やか?アジア系のヤキモチは?

出典:出典先リンク

比較的穏やかなイメージのアジア系ですが、人種やお国柄によってかなり事情が違うようです。

アジアのアメリカ人と言われる(?)韓国人ですが、こちらはヤキモチも派手なようです。
恋愛に関しては積極的、情熱的なモノが好まれますので、ヤキモチも同じく。

中華系は比較的抑えるタイプのようで、さほど激しくはないようです。
が、中華系は男性がヤキモチ妬きの傾向が強く、支配欲とも言えそう。
しかし、上手に転がせば、女性に甘いのも特徴なので、うまくお付き合いください。

東南アジア系は真面目にお付き合いを続けるタイプが多いので、ヤキモチを妬くのも妬かせるのもほどほど、といった傾向のようです。

あとがき

出典:出典先リンク

世界の恋愛ヤキモチ事情、いかがでしたか?

ざっくりとしたご紹介なので、「私の彼氏は違う!」という方も多いと思います。
もちろん、ヤキモチなんて、その人の性格や愛情の深さ、信頼度によって十人十色だと思います。

ただ、ヤキモチも過剰に妬いて、相手に不快感を与えたり、束縛したりするのではなく、恋愛のスパイスとして、上手に妬いて、妬かせてくださいね♡

この記事に関するキーワード

  1. 恋愛
  2. 海外
  3. 好きな人
  4. ヤキモチ
  5. 好き
  6. LOVE

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ギュル
age:0
【経歴】13年、旅行の添乗員をしていました。日本国内外を飛び回り、また休みを取っては海外へ短期留学をし、たくさんの事を自分で見て、聞いて、考えて、吸収してきました。現在はトルコ/イスタンブール在住で旅行業に携わっています。
【コメント】世界で通用するような!いいオンナを目指して、一緒に楽しんでもらえたら、と思います♪

PR