ライター:ちひろ

肩を下に引っ張らないで! なで肩になってしまう生活習慣を改めよう

肩幅が狭い=なで肩で悩んでいる方は、男女問わず多いかと思います。そもそも、どうしてなで肩になってしまうのでしょうか。骨格の大きさが影響することは間違いないのですが、毎日の生活習慣によって、少しずつなで肩になっていってしまうこともあるのです。そこで、なで肩になってしまう生活習慣を解説します。なで肩に悩んでいる方は、一刻も早くその習慣を改めましょう。

シェアする
1

“なで肩”かどうかをチェックしてみよう

なで肩とは、肩幅が狭くて、肩のラインが下に向けて下がっている肩を指します。

あなたは、なで肩ですか?
「私はなで肩よ!」と自称している方でも、きちんとチェックしてみると、実はなで肩ではなかったということも多いようです。

なで肩かどうかは、鎖骨をチェックすると分かります。
ずばり、首から肩にかけて鎖骨が下がっていっているのであれば、なで肩です。

反対に、首から肩にかけて鎖骨が上がっていっているのであれば、いかり肩です。
水平であれば、普通の肩と言えるでしょう。

さあ、皆さんも鎖骨を確認してみてください。
改めてお聞きしますが、あなたはなで肩でしたか?

2

肩や背中の筋力が衰えている

それではどうして、なで肩になってしまうのでしょうか。
やはり骨格が大きく影響しますから、もともと肩の骨格が小さい方は、どうしてもなで肩になりやすいと言わざるを得ません。

当然、骨格の大きさは変えられませんが、もともと普通の肩だったのに、日常生活の習慣によって、なで肩になってしまうこともあります。

その原因の1つとして、肩や背中の筋力が衰えていることが挙げられます。

私たちは、立ったり、座ったりしているとき、常に上から下に向かって重力がかかっています。
重力に負けないように、私たちは身体を持ち上げていますが、肩や背中の筋力が弱いと、重力の押しつぶす力に負けてしまって、なで肩になってしまうのです。

なで肩を解消するための筋トレも紹介していきますから、肩や背中の筋力をつけていくことが大切です。

3

重たい荷物を持ったり肩にかける

次に、日常的に肩を下に引っ張る動作をしていることが挙げられます。

例えば、重たい荷物を持つことが多い仕事の方です。
重いものを持つことで、鎖骨や肩甲骨が下に引っ張られるので、筋肉のバランスが乱れて、なで肩を引き起こします。

これと同じ原理で、胸が大きい女性もなで肩になりやすいです。
胸は脂肪でできていて、けっこう重いですからね。
肩の筋肉が下に引っ張られて、なで肩になってしまうというわけです。

また、重たいカバンやリュックを肩にかけることも、なで肩の原因につながってしまいます。
荷物の負荷が直接、肩にかかるので、鎖骨や肩甲骨を引き下げてしまうのです。

4

なで肩になりやすい習い事・スポーツ

3で解説したように、肩を下に引っ張る動作を日常的に続けていると、なで肩になりやすくなってしまいます。
ということは、なで肩になりやすくなる習い事やスポーツもありそうですね。

例えば、茶道や華道、琴、詩吟、日本舞踊などを習っている方です。
これらの習い事の共通点と言えば・・・着物を着ることですね。
着物を着ている女性って、なで肩になっている方が多いと思いませんか?

これは、着物を着ることで、着物の重さに加えてしっかりと帯締めをするので、肩に対して下に引っ張る力が加わるためです。

ただ、着物というのは、なで肩が良く似合いますよね。
日本舞踊を見ていても、首から肩のラインを下げることでキレイに見せるというのが、1つの所作になっているというか、礼儀作法として昇華されているように感じます。

なで肩こそ、和風美人の大きな条件なのかもしれません。
私も個人的には、なで肩の女性はおしとやかで、好きだけどな~(笑)

さて、スポーツでは、ソフトボールのピッチャーと空手が、なで肩になりやすい動きをしていると言えそうです。

ソフトボールのピッチャーは、下手投げですから、肩を下に引っ張る力が加わりますね。
空手の構えは独特で、肩を下に下げた状態で構えます。空手は構えの時間も長いですし、そこから平行に「突き」を出したりしますので、なで肩になりやすいと思います。

あとがき

なで肩になってしまう生活習慣について解説しましたが、いかがでしたか。

女性の皆さんは、日常的に重いものを持つ仕事に従事している方は少ないでしょうが、
荷物をたくさんカバンやリュックに詰め込んで、外を歩き回っているという方は意外と多いのではないでしょうか。

1日だけでなで肩になることはありませんが、その習慣を1カ月、3カ月、6カ月、1年・・・と続けることで、少しずつなで肩になっていってしまうのです。

最初は小さな変化ですから、自分でも気づきません。
時間がある程度たって初めて、「あれ? なで肩になってる?」と気づくのです。

習慣というのは怖いですね。
でも、反対に! 良い習慣を続けていけば、少しずつなで肩を矯正していくことができます。

現状を受け入れつつ、未来に向かって、良い習慣を築いていきましょう!

この記事に関するキーワード

  1. 肩幅
  2. 肩幅が狭い
  3. なで肩

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR