ライター:ちひろ

家庭用脱毛器の失敗しない選び方・3つのポイントをチェック!

自宅で手軽に脱毛ができる「家庭用脱毛器」は、実に数多くの種類が販売されています。たくさんありすぎて、「どれがいいのか分からない~」という方も多いことでしょう。安い買い物ではないので、失敗しないための選び方のポイントを3つお伝えします。

シェアする
1

コストパフォーマンス

脱毛器を買うに当たって、価格は重要な要素を占めますよね。
高価なものもあれば、安価なものもあります。

もちろん、あなたの予算に合うものを選ぶしかないのですが、ポイントとしては、 なるべくコストパフォーマンスの良いものを選んでください。

例えば、カートリッジ式の脱毛器の場合、ある程度使用したらカートリッジを交換する必要があります。
カートリッジ1個で何回照射できるのか、交換用カートリッジの価格はいくらなのかを調べてみましょう。

<例>

脱毛器A 本体価格5万円(カートリッジ3個付き)
カートリッジ照射回数1万回
カートリッジ価格3000円
脱毛器B 本体価格1万円(カートリッジ1個付き)
カートリッジ照射回数3000回
カートリッジ価格5000円

という2つの脱毛器があったとします。

脱毛器Aは、本体価格が高いですが、カートリッジが3個も付いていて、照射回数も1万回あります。
一方の脱毛器Bは、本体価格が安いですが、カートリッジが1個しかついていなくて、照射回数も3000回だけ。

つまり、Aは5万円で3万回照射できますが、Bは1万円で5000回しかできません。
Bで3万回照射するためには、カートリッジを9個も追加で購入しなければならず、 本体価格1万円+カートリッジ価格5000円×9個=5万5000円 もかかってしまうのです。

一見、Bのほうが安くてお買い得に見えますが、長く使うことを考えると、コストパフォーマンスはAのほうが良いということになります。
せっかく脱毛器を買うのだったら、長く使い続けたいですものね。

ただ、これはあくまでも照射回数と価格におけるコストパフォーマンスです。
照射の性能に差があれば、コストパフォーマンスも変わってくるでしょう。

2

脱毛器の性能

ということで、脱毛器の性能がもっとも重要ということになります。
脱毛パワー、照射面積、チャージ時間、連射機能、重量――の5点を要チェックです!

<脱毛パワー>

出力の高いパワーがある脱毛器のほうがきれいに脱毛できますので、 できるだけパワーのある脱毛器を購入したいところ。

とはいえ、脱毛パワーは製品情報だけではなかなか分かりにくいですよね。
口コミサイトを参考にするのもいいと思います。
が、ステマ(宣伝と気づかれないように宣伝すること)の可能性もあって、いまいち信用性に欠けるサイトもあるので、気をつけてください!

ピグリーでもおススメの脱毛器を紹介するので、ご参考あれ。

<照射面積>

一度に肌に照射できる面積の大きさも、意外と重要ですね。
「私は脇だけ!」という方ならいいですが、手や脚も脱毛したいという場合は、結構面積が広いですから、照射面積が狭いと、想像以上に時間がかかってしまいます。

例えば、1回の脱毛に1時間以上かかったりしたら、だんだん面倒くさくなって、次第に使わなくなってしまうものなのです。
できれば、短時間でたくさんの部分を脱毛できるほうが、続けやすいですよね。

また、照射範囲が広いと、脱毛にムラができにくく、脱毛残しがなくなりやすいので、よりきれいに脱毛できるというメリットもあります。

<チャージ時間>

家庭用の脱毛器は1回照射した後、次の照射のためにパワーをためるチャージ時間が必要となります。

チャージ時間は数秒のものが多いですが、これも長すぎると、脱毛に時間がかかりすぎてしまいます。

たかが数秒と思いますが、手や脚などの部位をすべて照射するのに、数十回どころか、数百回照射することもあるので、チャージ時間の数秒がトータルで何十分にもなってしまうのです。

脱毛の時間をコンパクトにするには、チャージ時間も確かめておきましょう。

<連射機能>

1回の照射で強い光を当てると、肌への負担が大きく、場合によっては肌を傷めてしまうケースもあります。

そのため、高品質な脱毛器では、1回で強い光を当てるだけでなく、光を分散して肌に照射する連射機能がついています。

この連射機能を使うことで、肌への負担が少なく、きれいに脱毛することができるのです。

1つの目安として、連射機能があるものは優れた脱毛器であることが多いと言えるでしょう。

<重量>

脱毛をするときは、脱毛器を手に持った状態を続けることになるので、重い脱毛器ですと、かなり疲れてしまいます。

とくに、照射部分が本体と一体になっている脱毛器は、重いものが多いですね。

あまりに重くて、使い続けるのが難しくなると、これまただんだん使わなくなってしまいます。

長く使い続けるためにも、重量も確認しておいたほうが良いと思います。

2

肌への痛み

どんなに脱毛効果が高くても、照射するたびに痛みが走ったら、脱毛するのが怖くなってしまって、続けることができません。

理想を言えば、ま
ったく痛くなくて、脱毛効果が高いものがいいですよね。

一般的には、フラッシュ脱毛器は痛みが少なく、レーザー脱毛器は痛みが大きいと言われています。
ただ、痛みを感じる度合いは、人によって違うので、こればかりは試してみるほかありません。

もし、あなたの家族や友達で、脱毛器を使っている人がいるなら、お試しさせてもらえるといいですね。

ただ、「周りにそんな人はいない!」「あまり他人に知られずに、こっそり脱毛したい!」という方も多いことでしょう。

そういう方たちのために、ピグリーがあるのです!
ピグリーおススメの脱毛器を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あなたに合った脱毛器が見つかりますように。

この記事に関するキーワード

  1. 体毛
  2. ムダ毛
  3. 毛深い
  4. 脱毛

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR