ライター:まさ子

骨盤の歪みをストレッチでなおそう!

上半身と下半身をつなぐ重要な部分の骨盤。骨盤は全身の美と健康の要の部分です!そんな大事な骨盤なのに、日常生活の習慣や運動不足、出産などで骨盤は歪みやすくなっています。骨盤が歪むと、首や肩、腰、顔、膝…身体全体に影響を及ぼします!具体的には、肥満や肩こり、腰痛、転びやすくなる、顔が歪む等デメリットばかり。綺麗になるには骨盤を整えていきましょう!

シェアする
point
  • 骨盤は美と健康の要!!
  • あなたの疲れ骨盤が原因かも!?
  • 綺麗になるために骨盤を治そう!
1

あなたはどの骨盤歪みタイプ?

出典:出典先リンク

まずは、自分がとの骨盤歪みタイプかを知りましょう。

下記の①~⑭の中で、当てはまるものを数えてみて下さい。

ポッコリお腹が気になる
便秘や生理痛がひどい
ウエストは細いのにお尻が大きい
椅子に座ると無意識に膝が開いている
スカートを履いているとくるくる回る
脚を組む癖がある
床に両足を伸ばして座ると、脚の長さが左右で違う
左右のお尻の大きさ・形に違いがある
靴の底のすり減り方が左右で違う
猫背で背中が丸くなっている
腰痛がある
太もも・お尻のお肉が気になる
座ったり、仰向けで寝たりすると、お尻の骨が痛い


①~④の人は、骨盤ひらきタイプ

⑤~⑨の人は、骨盤左右歪みタイプ

⑩~⑬の人は、骨盤前後歪みタイプ

それぞれのタイプにあったストレッチを紹介していきますね。

また「すべてのタイプにあてはまる」という人は、ストレッチを組み合わせて行っていきましょう。

2

骨盤ひらきタイプ

出典:出典先リンク

骨盤ひらきタイプには、骨盤底筋のストレッチがおススメ☆

骨盤が開いていると内臓が下がってきて大変!

骨盤の下部を締めていきましょう。

【骨盤底筋を強化する】
仰向けに寝る
息を吸いながら腰を少しあげる
息を吐きながらゆるめていく
一つの動作を5秒程保ち、5回繰り返す
肛門・膣・尿道口を締めるように意識して行いましょう

【骨盤底を締める】
仰向けに寝る
息を吸って、少し脚をあげる
息を吐きながら、脚を交差させる
反対も同様に行う
ゆっくりするのがコツです

3

骨盤左右歪みタイプ

出典:出典先リンク

骨盤が左右に歪んでいるタイプには、腰をひねったり、回したりするストレッチがおススメ☆

骨盤の左右差は誰にでもあるのですが、骨盤の左右差を整えるストレッチをすると差は小さくなります。

股関節や仙腸関節の動きやバランスを整えることが鍵になってきます。

【腰まわし】
肩幅程度に脚を広げ、腰に両手を置く
上半身は動かさないで、腰をまわす
右まわし30回、左まわし30回をする
ゆっくりするのがコツです☆

【腰ひねり】
仰向けに寝て、両膝を立てる
左脚を右脚の上に組み、右側に倒す
倒せるところまで倒して4秒キープする
この時、肩と右足の踵は浮かせないようにする
反対の脚に組み換え、同じこと2セットずつを行う
少しずつ慣らしていき、傾きが同じになるように骨盤を整えていきましょう☆

4

骨盤前後歪みタイプ

出典:出典先リンク

骨盤が前後に歪むとは、骨盤が前に傾く、又は反り腰になっている状態です。

特に日本人には反り腰の人が多いみたいですよ~。

骨盤が前後に歪んでいるタイプには、体の背面やお尻を鍛えるストレッチがおススメ☆

【お尻歩き】
両足を前にそろえて座る
身体を大きく捻りながら、お尻で10歩前へ進む
今度は10歩後ろへ戻る
これを3回する
お尻が痛くなるので、柔らかい場所で行いましょう

【身体を前後に曲げる】
肩幅程度に脚を広げる
大きく息を吐きながら前に倒れる
次に息を吸いこみながら状態をそらす
これを5回行う
ラジオ体操にある前屈&上体そらしです

あとがき

出典:出典先リンク

骨盤のストレッチをタイプ別に紹介しましたが、大切なのは「続けること」です。

今回紹介したストレッチもそうですが、まずは自分の骨盤タイプを知り、普段から「正しい姿勢」を意識し、続けていきましょう!

ストレッチは自分の身体を労り、身体と対話する時間です。

自分の身体とは生涯ともに生きていく大切なパートナーなので、大切にストレッチをしていって下さいね☆

継続は力なりです!

この記事に関するキーワード

  1. 骨盤
  2. 美容
  3. 健康

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:まさ子
age:28
いくつになっても、美に対しての探求心はモリモリです☆ 可愛いもの大好き! 可愛くなるのに制限なんてない! どんな人でも可愛くなれる!!! コラムを通して、読んでくださる方も、私も可愛くなっていけるように頑張ります♪

PR