ライター:美怜

月経カップを使うと生理が早く終わる?短縮できる?

英語圏ではよく使われている「月経カップ(げっけいカップ)」。日本でもメリットが多いと話題になっています!月経カップのメリットとデメリット、生理が早く終わるという意見や、使ってみた方の声をご紹介したいと思います☆

シェアする

目次
「月経カップ」とは?
月経カップのメリット
月経カップのデメリット
月経カップを利用すれば生理が早く終わる?
生理痛が軽減?!
違和感がない♪
最後に

「月経カップ」とは?

月経カップとは、ナプキンやタンポンなどに替わる生理用品です。経血カップと呼ばれることがあり、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏ではわりとポピュラーで、製造・販売されています。

出典:出典先リンク

商品名 月経カップ Mサイズ ブルーバイオレット
(メルーナジャパン)
価格 3240円(税込)
販売サイトをチェック

シリコン製の小さなカップ状の形状で、膣内に挿入して血液を溜めておく方法です。トイレに行ったときに、カップ内に溜まった血液をトイレに流して再利用することができます。

月経カップのメリット

月経カップはカップ内に血液を溜めてくれるだけではなく、サイズ展開があるものが多いため自分に合ったサイズを選ぶことができます。出血量が多い方は大きめのサイズにすれば、長時間漏れの心配がありません

 

蓋をしている状態なので、ナプキンのように臭いが気になったり、肌が蒸れたりかぶれる心配がありません♪また、使い捨てでないため何度も買い替える必要がなく、経済的にも優しいんです!

月経カップのデメリット

しっかりと膣内に固定されて血液を溜めるため、取れにくい場合があるそうです。人それぞれ膣内のサイズは一定ではありませんし、サイズによってカップの大きさが異なるため、サイズが合わないことがあります。

 

使い慣れるまでは使い方が難しく感じる方がいたり、着けはずしをする場合に手や指が汚れてしまうといった意見もあります。使い慣れてしまえばメリットばかりですが、慣れるまでは少し手間がかかるようです。

月経カップを利用すれば生理が早く終わる?

月経カップを使用していると生理が早く終わるという意見が多いようですが、その理由ははっきりとわかっていません。メカニズムは解明されていないものの「生理が早く終わった!」という声が多いのは確かです。

 

考えられる理由は何点かあり、カップを潰した状態で膣内に挿入することで内部の気圧が低くなり、子宮から経血を引っ張り出していることになるのではないかといわれています。カップを取り出すときにも膣圧がかかるため、経血の排出が促進されて経血が出終わるのが早くなったりと、圧の影響があるのではないかといわれています。さらに経血を吸収するわけではないので、血が出ている感覚があります。

生理痛が軽減?!

生理中の悩みの一つでもある、蒸れやかゆみから解放されたという声は多くあります。しかしずっとナプキンを使用していた方にとっては、膣内にずっと月経カップを挿入しているのに違和感がる方もいるようです。

人によっては生理が早く終わったように感じる方も多いようですが、生理痛が酷い方は痛みが軽減したという方もいます。体が楽になれば、ただでさえ嫌な生理での憂鬱な気分から解放されそうですね☆

違和感がない♪

慣れるまで違和感があるという方もいますが、違和感なく快適に過ごせるようになったという声が多いです♪コツをつかむまでは大変だったけどコツをつかんでからはとても楽になったという方も!

装着していることを忘れてしまうくらい快適に過ごせている方も多く、外出中や就寝中も安心できるといった意見があります。まずは試してみるのもいいかもしれませんよね☆

最後に

生理のときは身体だけではなく、気分的にも憂鬱になることが多いですよね。月経カップを使用することで快適に過ごせるようになれば、生理中も憂鬱にならずに済みますね♪

 

従来の生理用品のように使い捨てではないのでお財布にも優しいですし、複数持ちして出血量に合わせてサイズを変えてもいいですね!

この記事に関するキーワード

  1. 生理
  2. 月経カップ

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

人気のタグ

  1. バストアップ
  2. 美容
  3. 貧乳
  4. 顔が大きい
  5. 足が太い
  6. トップス
  7. 肩幅が広い
  8. 脚が太い
  9. ストリート系メイク
  10. ダイエット

この記事を書いた人

name:美怜
age:27
モデルやバンド活動を経て現在に至る。
現在は以前から好きだったライティングの仕事に就き、子育てに奮闘しながら執筆活動をしている。
ファッションや美容関係のジャンルにかなり詳しい

PR