ライター:ちひろ

5つのちょっとした習慣で小顔になる!

毎日の生活にちょっとした習慣を加えるだけで、より早く小顔に近づくことができます。そんなちょっとした習慣を5つ紹介しますので、あなたができるものから実践してみてください。これを続けることで、いつの間にか小顔になっているかもしれませんね!

シェアする

これまでに、小顔になるための表情筋トレーニングや、引き締まった小顔になるマッサージを紹介してきましたが、皆さん毎日続けていますか?

続けているという方は、少しずつでも変化が現れてきているのではないでしょうか。
その調子で、継続していってくださいね!

さて、トレーニングやエクササイズのほかにも、小顔を手に入れるためのちょっとしたノウハウがあります。

あくまでもちょっとしたノウハウなので、それを実践したからといって、すぐに小顔に結びつくわけではありません。
それでも、頭の片隅に置いておいて、気がついたときに実践していけば、小顔に近づくことはできると思います。

ですから、まずは気軽に読んでみてください。
あなたが「これはやってみようかな」と思えるものが1つでもあれば嬉しいですね。

1 半身浴で小顔に!?

半身浴は、身体を徐々に温めて、代謝を促進します。
代謝を促進することで、しっかり汗をかいて、老廃物を排出できるので、顔のむくみをとるという意味でも効果的です。

現代人は、多くのストレスを抱えているため、ストレスが顔のむくみにつながっているという女性も多いようです。
半身浴でストレスを解消するとともに、毎日の疲れも取りましょう。

2 鼻呼吸の習慣をつける

あなたは普段、鼻で呼吸していますか? 口で呼吸していますか?
あまり意識したことがないかもしれませんが、とても大切です。
ぜひ、鼻で呼吸するように意識してみてください。

鼻呼吸は、いびき改善や免疫力アップなどの効果があると言われていますが、実は小顔も期待できるのです。
鼻呼吸によって舌の位置を正常に戻して、口周りの筋肉を刺激することで、小顔効果が望めます。

正常な舌の位置とは、前の歯茎の内側にある、ポコっと出っ張った部分の下にはめ込んだ状態とのことです。

反対に、口呼吸を続けていると、舌の位置が下がってしまうため、舌の重みに引っ張られる形で、頬や口元、アゴのたるみができてしまったり、ほうれい線を加速させたりしてしまうのです。
また、口がだら〜っと開いた状態でいると、口の周りの筋肉を使わなくなってしまうので、顔全体のたるみにもつながってしまいます。

小顔をめざすあなたは、鼻呼吸を意識してくださいね。

3 食事はすべての歯でバランス良く、たくさん噛む

小さい頃、ご両親から「よく噛んで食べなさい」と言われませんでしたか?
これは、本当に大切なことです。

顔の筋肉の約7割は口元に集中しており、噛む動作はそれらの筋肉を刺激してくれます。
小顔をめざす上で重要な咬筋は、噛むことで鍛えられるのです。

つまり、よく噛んで食事をすることだけでも、顔のリフトアップが期待できるのです。
両親の教えに感謝して、よく噛んで食べましょう。

ただし、片側の歯ばかりで噛んでしまっては、逆効果になってしまいます。
片側の歯ばかりで噛む癖がついてしまうと、片側の歯だけがすり減ってしまい、左右の歯の高さがアンバランスになってしまうため、肌のたるみやほうれい線につながってしまうのです。

それから、前歯もしっかり使って噛むことも意識してください。
奥歯ばかりを使って噛んでいると、前歯と奥歯の高さに差ができてしまい、頭の位置が後ろに傾いてしまいます。

食事をするときは、左右の歯と、前歯・奥歯をバランス良く使って、さらにたくさん噛むことを習慣づけて、小顔になりましょう。

4 カラオケで表情筋を鍛える

あなたは、カラオケが好きですか?
歌を歌うことは、表情筋を多く使いますので、小顔になるという観点からは非常に効果的です。

ポイントとして、口をしっかりと開いて、歌いましょう。
口をしっかり開くことで、表情筋を鍛えられるのです。
プロの歌手は、みんな口をしっかり開いていますよね。そのほうが声量も出るし、歌を上手く歌う秘訣でもあります。
カラオケで小顔になるだけでなく、歌も上手くなっちゃうかもしれないですね!

何よりもカラオケで好きな歌を歌うことは、ストレスの発散にもなるでしょう。
楽しみながらトレーニングになるので、オススメですよ。

5 やっぱり笑顔が一番!

たくさん笑うことで、自然と顔の筋肉が動きますから、これも小顔になるエクササイズの1つと言えると思います。

やっぱり笑顔が一番ですね。
笑顔のあふれる生活を送りましょう。
笑うことは、免疫力を高めて、健康にも良いという研究結果も出ているくらいですから。

反対に、普段から無表情でいると、顔の筋肉をほとんど使いませんから、顔が大きくなってしまいます。
表情豊かに過ごすためにも、家に引きこもらずに、積極的に人と会うことも大事ですよね。

いつも1人でいて、テレビやパソコンと向かい合っているだけでは、どんどん顔の表情が失われていってしまいます。

多くの人と会って、楽しい会話をすれば、自然と笑顔になりますし、人生もより豊かになっていくでしょう。

小顔になるための簡単な方法を5つ紹介しましたが、いかがでしたか?

トレーニングやエクササイズをしなくても、毎日の生活に対する意識を変えることで、立派なトレーニングになっていくのですね。

「こんな当たり前のこと、毎日やってるよ!」と思った方もいるかもしれませんが、おそらく小顔になるという意識ではやっていませんよね。

「小顔になるために、バランス良くたくさん噛む」というように意識しないと、絶対に身につきません。
意識することで行動が変わり、行動が変わることで習慣が変わり、習慣が変わることでようやく身につくのです。

少しずつで構いませんから、毎日の生活に意識を向けてみてくださいね。
意識することで、必ず変化が現れてきますよ。

この記事に関するキーワード

  1. 小顔
  2. 顔でかい

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

おすすめサイト

ファッション、ダイエットなど女性ならではの感性を刺激するサイト

PR