ライター:ちひろ

ドラマみたいに美しいものじゃない! 多額の慰謝料など不倫にはリスクしかないから絶対にダメ!

フジテレビで放送されたドラマ「昼顔」が大きな話題になりましたが、不倫をテーマにしたドラマや映画って多いですよね。そんなドラマを見て、不倫に憧れたりしていませんか? ドラマは、きれいな女優さんが演じて、さも不倫が美しいものであるかのような印象を受けますが、実際の不倫はもっとドロドロしたものです。さらに、慰謝料などのリスクも発生するため、安易に不倫に走ってはいけません。それを戒めるためにも、不倫のリスクを紹介しておきたいと思います。

シェアする
1

最大のリスク 慰謝料を請求される条件

女性が既婚男性と不倫をした場合、男性の奥さんから慰謝料を請求される可能性が高いことが、最大のリスクだと言えるでしょう。

裁判における、不倫の条件とは何でしょうか。
過去の裁判事例をみると、次のような場合は確実に慰謝料が発生してしまいます。

① あなたが既婚男性と不貞行為(肉体関係)がある
② あなたは、男性が既婚者と知っていて不倫した
③ 既婚男性の夫婦関係が破綻していない
④ 不倫をしてから3年以内である


既婚男性と肉体関係があると、不貞行為とみなされて、慰謝料の対象となってしまいます。
ですから、2人でデートをしている、食事をしている、電話・メールでの連絡をしているという関係だけであれば、相手の奥さんからの慰謝料請求が認められることはないでしょう。
不倫をしていて、肉体関係がないということは、ほとんどないようですが・・・

相手の男性が既婚者とまったく知らなければ、あなたに過失はありませんが、おそらくそんなケースはほとんどないと思います。
既婚者と知っていながら不倫したなら、仮に相手の男性からアプローチしてきたとしても、あなたにも過失がありますよ。

あなたとの不倫が始まったとき、すでに相手男性の夫婦関係が破綻している場合は、相手の奥さんからの慰謝料は認められないようです。
しかし、夫婦関係が破綻しているかどうかというのは、明確な基準があるわけではないので、判断が難しいところです。
すでに夫婦が別居していれば、破綻しているという判断になりやすいと言えますが、絶対ではありません。
相手の奥さんからすれば、夫婦関係は破綻していないと主張するでしょうから、いくらあなたが破綻していると訴えても、どうしても不利になってしまいます。

不倫などの不法行為の時効は、相手の奥さんがあなたとの不倫の事実を知ったときから3年です。
ただし、相手の奥さんが不倫の事実を知らなければ、不法行為の時効は20年もあるのです!
悪いことはできませんね。

2

慰謝料の金額とは?

それでは、不倫と認定されてしまった場合、いくら慰謝料を払わないといけないのでしょうか。

慰謝料の金額は一概には言えませんが、相手の夫婦を離婚に至らせたかどうかで、大きく変わってきます。

相手の夫婦が離婚に至っていない場合は、100万〜200万円が相場となります。
相手の夫婦を離婚に至らせた場合は、200万〜500万円が相場となります。

不倫が原因で、相手夫婦が離婚した場合は、慰謝料の金額が跳ね上がるというわけですね。
さらに、相手夫婦に子供がいるときは、養育費も含めた慰謝料を請求されることが多いため、500万円以上になってもおかしくありません。

どんなに好きになった人であっても、500万円も払ってまで、家庭を壊してまで、恋愛したいですか?

3

仕事や家庭を失うリスク

職場内で不倫をしている場合は、バレたときが大変です。
社内では、あなたたちの不倫の話題で持ちきりになるでしょう。
そして、いままで親しくしていた同僚も先輩も、さらに後輩であっても、急にあなたとの関係がよそよそしくなるでしょう。

会社にいても、いつも見られていて、こそこそ噂されているような錯覚を覚えてしまいます。
そんな会社に毎日、出勤し続けられますか?
社内の雰囲気に耐えられなくなって、結局やめてしまうのではないでしょうか。

基本的に、企業は不倫を理由に、社員を懲戒解雇することはできません。
ただし、不倫によって、企業の秩序が乱れ、業務に具体的な支障が生じた場合は、懲戒解雇の理由となります。
また、解雇にならなくても、人事異動になる可能性も高いと思います。

あなたにも家庭がある場合は、もう手がつけられません。
相手の家庭を壊し、自分の旦那をも傷つけたという事実は、実家や親戚からの信用もなくなり、勘当となることも考えられるでしょう。

そうなったら、本当にあなたは1人になってしまいますよ。
相談できる相手もいなくなり、悲惨な余生が待っていることになります。

著作者:PRMF

4

突然死の可能性が高まるリスク

これは、不倫をしている男性のデータなので、女性には関係がないのですが、 不倫行為は心臓に危険を及ぼして、突然死を引き起こすことがあるのだそうです。

不倫男性の突然死の理由としては、心臓発作やストレスが考えられています。
自分の妻より若い不倫相手とのセックスで、身体に大きな負担を与えているだけでなく、不倫をしていることへの罪悪感がストレスになっているとのことです。

大ヒットした映画「失楽園」では、不倫中の男女がセックス中に死亡しましたが、現実でもセックス中に突然死してしまうケースも珍しくないのです。

不倫中に相手の男性が死んでしまったら、どうしますか?
それこそ、自分が殺してしまったのかと錯覚してしまって、とても立ち直れそうにありません。

あとがき

不倫のリスクを紹介しましたが、本当に怖いことばかりですよね。
決して皆さんを驚かせようとしているのではなく、現実的なリスクを紹介したに過ぎません。

不幸になると分かっているのですから、賢明なピグリー読者の女性は、不倫なんて絶対にしないと信じています。

でも、万が一、不倫にハマってしまいそうなときが訪れてしまったら、もう一度このコラムを読んで、思いとどまってほしいです。

絶対に不倫はやめましょう!!

この記事に関するキーワード

  1. 不倫
  2. リスク
  3. 慰謝料
  4. 突然死

この記事に関連する記事

話題のコンテンツ

アクセスランキング

気になる部位から探す

  1. こころ
  2. お腹
  3. お尻
  4. 身長
  5. 身体

この記事を書いた人

name:ちひろ
age:32
女性の美容と健康に関する雑誌の編集を経て、独立。
美容ライターとして、雑誌のみならずWEBメディアで執筆活動を行う。
「女性は誰でも美しくなれる!」をモットーに、キレイになれる情報を発信し続けている。

PR